« ・「鉄欠乏性貧血」 | トップページ | ・劇団四季『鹿鳴館』 »

2007年11月11日 (日)

・『鳥獣戯画展』

サントリー美術館に『鳥獣戯画展』を観に行ってきました。

休日だったので,朝から大盛況。年配の方が多かったです。

鳥羽僧正が描いたとされる「鳥獣戯画」と言えば,ウサギとカエルがお相撲を取っていたり,サルとウサギが追いかけっこしていたり…といった,動物が人間さながらに遊んでいるあの絵を思い出しますが,あれだけじゃぁなかったんですね。

今回行ってみて,初めて知りました。

「鳥獣戯画」は甲・乙・丙・丁の四巻から成り,先に私が書いたものは「甲」巻の一部分。「乙」「丙」「丁」は全く違ったもので(描いたヒトも違うらしい),動物が動物らしく描かれている巻,人間だけが描かれている巻,人間と動物が描かれている巻…となっていました。

どの巻も当時の風俗を描いていて,とても興味深かったです。今とあんまり変わらないんだなぁなんて思ったりして。

他には,白描画の系譜として鳥羽僧正が描いた作品や,絵巻物の系譜としてユニークな絵巻物が展示されていて面白く観ました。(おなら合戦だの鼠の嫁取りだの…)

ミュージアムグッズも充実していて,図録も面白い!柔らかな紙を使い,分かり易い解説が付いているので,子どもが見ても楽しめそうです。(エコバッグ付き!)

12月始めまで,大人1300円。

Chojyugigaten

« ・「鉄欠乏性貧血」 | トップページ | ・劇団四季『鹿鳴館』 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185617/17047009

この記事へのトラックバック一覧です: ・『鳥獣戯画展』:

« ・「鉄欠乏性貧血」 | トップページ | ・劇団四季『鹿鳴館』 »